7.マジックファンとつきあう楽しみ

すべての他の趣味と同様、同じ趣味の人同士集まって話をするというのは、最大の楽しみです。日本各地、あるいは世界中に色々なマジック・クラブがあり、例会を開いては、マジックの講習会、研究会、発表会などを行っています。世界的な組織が主催するコンベンションともなれば、1週間にも渡ってマジック好きな人との交流が図れます。マジックのおかげで、ふだんならぜったい会うこともできないような人と知り合ったり、友人になったりするのは、趣味を越えた贅沢な楽しみといえるでしょう。またインターネットやパソコン通信でも、そのような趣味の方と出会い、チャットを楽しむこもできます。



▲マジックの会合には、いろいろな人との出会いがあります。
推理作家として著名な泡坂妻夫さん(左端、本名厚川昌男さん)も大のマジックファンで、
ご自分でも数多くのマジックを創作しています。