ごあいさつ

テンヨーの前身は1960年に設立された天洋奇術研究所。それまで専門家だけのものだった手品の道具を、一般の人に向けて販売することからスタートしました。当時は、プロのマジシャンになりたいという人が多く集まり、初代の引田天功さんもここから育っていきました。その後、社名は株式会社テンヨーとなり、小さいながらも開発部が生まれ、アイテムも一般パズルやパーティグッズ類、そしてジグソーパズルへと、大きく広がっていきました。その間、手品は普通の人が演じるには難しいものというイメージを変えるため、誰もができる新しい手品の開発を長年に渡って試みてきました。誰もその名前すら知らなかったジグソーパズルを日本で普及させるため、魅力あふれる絵柄の開発、徹底した品質の追求、またいまや業界のスタンダードとなった、紛失ピースをユーザーに直送するサービスカードのシステムなど、お客様を満足させるあらゆる工夫を実践してまいりました。この結果、いまやテンヨーの手品は世界中で販売されており、「すぐにマスターできて失敗しないマジック」と折り紙つきです。一方、日本におけるジグソーパズルも、すっかり定着して、世界中でいちばん高品質でバラエティに富んでいるといわれるほどのアイテムに育ちました。いずれもテンヨーが20年以上の月日をかけて実現したものです。テンヨーでは、今後も、いままでになかった面白いもの、自分たちが遊んで本当に面白いと思うものを作り出し、お客様に最後まで喜んでいただけるよう努力してまいります。

「新しいものへの挑戦」
「買ってよかったと満足していただける商品作り」

これが、私たちが創立以来かかげてきた2つのモットーです。